忍者ブログ
ソルトルアーフィッシングのブログです。釣れないときはチョイ投げマンになります。サイト内のだいたいの画像はクリックしてもらうと大きく見やすくなりもんす。
[278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268
2017.05.30 Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.11.11 Wednesday
実はもう途中で数えるのがイヤになってそれ以上数えていない。

3回も放流すりゃそりゃ釣れるってもんだ。

ちょっと深酒して9時ごろ家を出る。

翌日は雨らしいので、この日しかないのだ。

さて、地図は今まで登場してきた管釣りで一番わかりやすかったかも。

トラウト池の他にバスの池もある。

トラウトの池の周りには、釣具メーカーの看板がやたら並んでいる。

水の透明度はさほど高くない。

顔や体が白くなっている魚がけっこう目立つ・・・怪我なのか病気なのか

大人気の管釣りなので、人も多い。

11時ごろで10人くらい。

午前券の人が帰るだろと思っていたら12時過ぎても誰も帰らない。

どんどん増えてきて25人になってしまった。

こりゃ放流量もちょっと多くなきゃだめだわな。

赤目玉から始める。

これがぜんぜんダメ。

赤目玉の通用しない管釣りを始めて経験する。

では、これじゃ

color2.jpg
スミスAR-S マットチョコ



これがアタリ。

ワンキャスト・ワンフィッシュがしばらく続く。

適当なところでスプーンのローテーションに切り替えるが、どうもルアーを追いかけてはくるのだが、食いつくまでいかない。

それでも10匹くらいあげる。

ここはレギュレーションがすごく甘い。

バーブレスであれば、なんでもいいみたい。

で、b8c85572.jpeg










これを使ってみる。

ミミズがグルグル回っておいしそうに見えるのだ。

今までなかなか使う機会がなかった。

こりゃ~釣れるべ・・・・と

ニヤニヤしながらキャストするも、まったくだめ。

赤目玉に続きトルネードもだめ、なのにスピナーでは爆釣とはなかなかトラディショナルな魚たちである。

スプーン→スピナーと交代しつつ釣果だけは記録的なものとなった。

しかし、大物が釣れない。残念。

それはそれとして、

ムナビレのほとんどない魚が多い。

先にも書いたが、病気?怪我?という魚が多い。

いや、文句を言っているわけではない。

たかが人間の遊びのために育てられ、大きくなってルアーに追い回され、やがて病気で死んでいく・・・そんな魚がちと不憫。

さて、昼食にうどんを食べた。

ちょっと塩辛いかんじがしないでもないが、うまかった。

京風うどん・・と銘打っているが、京都のうどんとはずいぶん違う。

関東の人間はラーメンでもうどんでも薄くて澄んだ汁だと京風だと思っている。

観光客向けの店でないかぎり、実際の京都の味はけっこう濃いところが多い。

いや、文句を言っているのではない。

これはこれでアリ。

PR
Comment
name
title
url
comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
宿六おじさん
性別:
男性
職業:
サラリーマン
趣味:
ソルトルアーフィッシング
自己紹介:
43歳 
千葉在住のサラリーマン
休みの日はだいたい海
釣った魚は基本的に自分で捌いて自分で食う
当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!

Powered by SEO Stats
トラックバック
コメントお願いします。
[03/26 職務経歴書の書き方]
[05/14 Backlinks]
[08/06 Campbell]
カウンター
しおのぐあい
フリーエリア

アフィリエイト先様でございますだぁ 

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]