忍者ブログ
ソルトルアーフィッシングのブログです。釣れないときはチョイ投げマンになります。サイト内のだいたいの画像はクリックしてもらうと大きく見やすくなりもんす。
[241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228
2017.05.30 Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.03.14 Friday
あまりの自堕落ぶりに我ながらイヤになっている今日このごろ。

せっかく関東から東北の田舎へ引っ込んだのをきっかけに渓流ルアーなんぞに挑戦しようかなぁと。

いやはや参考になる様々なサイトがあるものだ。

偉大な先人達に乾杯。

何度か河に挑むも惨敗。

自分の釣りはこれで良いのかどうなのか不安になって、管理釣り場へ。

スプーンであっちへピューーーン

こっちへピューーーン

と、投げるが一回ヤマメらしきあたりがあったが、目の前1mくらいでバラして撃沈。

結局その日はボウズ。

数日あいてリベンジへ。

小雨が降る日であったが、経験上(30年近い前の経験ではあるが)こういう日は釣れる!!

前回の反省を活かすべくカエル型のルアーで攻める。

ただ、何の工夫もなく時が過ぎていくのは本意ではない。

我はジャパニーズサムライなのだ。

2回ほどキャストしてみて、はっきり魚がルアーを追うのを確認する。

5、6投目くらいであったろうか、グンと引きこむ感触。

思いっきりあわせるとビビビビビビッと引っ張り込む。

竿は立てる。

糸はけっして緩ませないように・・・

しかし、無理はしないように・・・

道具のことは、そのうち書くが管理釣り場に必要にして十分なものを買った。

あげるのは、自分の責任、腕次第。

で、ようやくあがった。

43cmの虹鱒みたいな魚(スチールヘッド?)

竿もラインもよくがんばった。エライ。

その後、もう一本40cmくらいのをあげた。

20cmに満たないイワナみたいなのもあげた。

子イワナは網に入れといたら隙間から逃げた。

ヨイヨイ。

またいつか縁があったら会おう。

その後雨があがるとまったく食わなくなった。

不思議なものだ。

さて、2本の虹鱒みたいな魚であるが、現場で内臓は抜き、一本は塩焼きと蒲焼に。

一本は塩にまぶして塩鱒にするべく我が家で一番涼しい(というか寒い)俺の部屋に新聞紙にくるまり転がっている。

PR
Comment
name
title
url
comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
宿六おじさん
性別:
男性
職業:
サラリーマン
趣味:
ソルトルアーフィッシング
自己紹介:
43歳 
千葉在住のサラリーマン
休みの日はだいたい海
釣った魚は基本的に自分で捌いて自分で食う
当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!

Powered by SEO Stats
トラックバック
コメントお願いします。
[03/26 職務経歴書の書き方]
[05/14 Backlinks]
[08/06 Campbell]
カウンター
しおのぐあい
フリーエリア

アフィリエイト先様でございますだぁ 

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]