忍者ブログ
ソルトルアーフィッシングのブログです。釣れないときはチョイ投げマンになります。サイト内のだいたいの画像はクリックしてもらうと大きく見やすくなりもんす。
[198]  [192]  [188]  [187]  [186]  [183]  [178]  [175]  [174]  [173]  [159
2017.10.18 Wednesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.12.23 Saturday

戦争映画を映画館で観るのは久しぶり。

というか、プラトーン以来だ。

あまり乗り気ではなかった。

人が死ぬのを観るのは辛い。

しかし、観なくてはいけない義務感を感じていた。

アメリカお得意のプロパガンダ映画じゃないのかという懸念もあった。

しかし、おおよそ偏りのない作品となっていた。

とてもアメリカ人が作った映画と思えないほど日本を緻密に表現している。

ありがちな反戦メッセージもないのには好感がもてる。

残酷なシーンが多く、子供、ご婦人にはお勧めしない。

男は観たほうがいい。

先人がどのように戦い、死んでいったのかをきちんと観ておいたほうがいい。


バロン西、栗林中将の死に様にはちょっと疑問に思うところもある。

集団自決のシーンが一番残酷だが、あれはどうもなぁ・・・

あと、憲兵が犬を殺すシーンがあるが、あれもちょっとなぁ・・・

硫黄島の日本兵はほとんど壊滅してしまったから、ある程度想像で作らなくてはいけないのでいたしかたない。

全てが真実ではないことを分かっていないとおかしなことになる。


戦争映画であるが、テーマは「家族」だ。

最後のほうに栗林中将(渡辺謙)が西郷(二宮和也)へ

「家族の為に命をかけて戦ってきたが、家族の為に死ぬのをためらっている自分がいる」

というようなことを言う。

とても正直な言葉で深く考えさせられた。


西郷(二宮)の隣にいつもいた松崎悠希はすばらしい。

二宮君の演技もよくできていた。

これからが楽しみな人たちである。


この映画に答えはない。

安易に答えを欲しがる人には受け入れられないだろう。

PR
Comment
name
title
url
comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
宿六おじさん
性別:
男性
職業:
サラリーマン
趣味:
ソルトルアーフィッシング
自己紹介:
43歳 
千葉在住のサラリーマン
休みの日はだいたい海
釣った魚は基本的に自分で捌いて自分で食う
当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!

Powered by SEO Stats
トラックバック
コメントお願いします。
[03/26 職務経歴書の書き方]
[05/14 Backlinks]
[08/06 Campbell]
カウンター
しおのぐあい
フリーエリア

アフィリエイト先様でございますだぁ 

ブログ内検索
忍者ブログ [PR]